自動車車検費用は

自動車の車検はいくら必要か

自動車の車検費用は安くできる

車検では、車種によって一律の法定費用と整備工場ごとによる検査費用があります。安く自動車の検査を受けたいと思うのなら、安い整備工場を選択して検査にかかる料金を削減するしかないでしょう。自動車検査を行う工場にはディーラー、民間整備工場、車検専門工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどがあります。細かく正確な検査を希望するならディーラーがおすすめですが、料金は安くありません。対して、料金の安さを希望するなら専門工場がおすすめですが、最低限の検査しか行いません。このように目的に応じて選ぶべき工場は変わります。

車検で業者選びの観点

普通自動車の車検は新車から3年目、次から2年毎に自賠責保険料+重量税の法定料金を支払い、この検査を通過しなければ公道での走行ができません。自動車販売店や整備工場にて点検整備を受け、法定料金との合算で支払いとなります。基本車検整備料(修理手間)や手数料、交換部品実費、テスター料金などの費用がかかり、大きな負担となることがあります。検索エンジンを利用して複数の業者から見積りを取ると良いでしょう。業者により費用や内容が異なるため、納得のできる業者に依頼することが出来ます。かと言って安かろう悪かろうでは安全性を損なうため、複数の業者の見積もり内容を比較して、適正な価格や内容であることを確かめた上で依頼することがよいでしょう。

↑PAGE TOP